仮想通貨の始め方

bitFlyerクレジットカードの評判・メリット徹底解剖!

日本初!bitFlyerクレジットカードは、ビットコインを貯められるクレジットカードです。貯まったポイントの使い道に困るくらいならビットコインを貯めたいという方、まずは小額からビットコインを運用してみたいという方におすすめですよ。

 

株式会社ショッパーズアイ調べ

調査方法:国内に於ける暗号資産付与のクレジットカード展開状況に関するデスクリサーチ及びヒアリング調査(2021年10月8日~20日)
調査対象:金融庁HP「暗号資産交換業者登録一覧」31社(2021年10月4日時点)

 

ビットコインが貯まる!bitFlyerクレジットカードの評判

基本情報 bitFlyer Credit Card bitFlyer Platinum Card
カードの種類 スタンダード プラチナ
年会費 無料 16,500(税込)
初年度無料
還元率 通常0.5% 通常1.0%
申し込み条件 20歳以上 20歳以上
国際ブランド Mastercard Mastercard

TwitterでもbitFlyerクレカの評判は上々

Twitterでは、シンプルなデザインが気に入っているという声が多いですね。

 

https://twitter.com/GANBL7/status/1470147589580660736?s=20&t=266HlIDGd3XPaYguV9VSgQ

 

ビットコイン初心者におすすめ

ビットコインをすでに投資している方におすすめなのはもちろんのこと、これからビットコインを始めたい方にもおすすめです。

手元のお金でビットコインを買うのはまだ少し怖いけど、仮想通貨に興味がある…という方は、リスクなしで始められるチャンス

▼以下は公式サイトのコメント▼

bitFlyerはクレカ発行に際して、「ビットコインをはじめ暗号資産にすでに投資されているお客様にはもちろんのこと、まだ暗号資産投資に踏み出したことのないお客様にも暗号資産を身近に感じていただきたいという想いから本サービスは生まれました。」とコメント。

bitFlyerクレジットカードの5つのメリット

以下では気になるビットコインのメリットについて紹介していきます。

  1. ビットコインが自動で貯まる
  2. 年会費永年無料で持ち続けられる
  3. ポイントと違い、有効期限がない
  4. プラチナと一般カードの2種類から選べる
  5. ナンバーレスでスタイリッシュなデザイン

ではさっそくみていきましょう。

①ビットコインが自動で貯まる

bitFlyerクレジットカードで買い物をすると、買い物のたびにアプラスの「とっておきポイント」が貯まり、自動でビットコインに交換されます。

bitFlyerのアカウントにビットコインが集積され、貯まったビットコインはbitFlyerでいつでも売却可能です。

②年会費が永年無料で持ち続けられる

2種類のうちスタンダードカードは、年会費が永年無料他のカードのサブとして持っていても全く損はありません。

③ポイントと違い、有効期限がない

bitFlyerには有効期限がありません。一般的なクレジットカードのポイントは、一定期間を過ぎると失効してしまいますが、bitFlyerクレジットカードなら安心してビットコインを貯められます。

④スタンダードとプラチナの2種類から選べる

基本情報 スタンダード プラチナ
年会費 永年無料 16,500(税込)
初年度無料
※カードショッピング
年間150万円以上(税込)
利用で年会費無料
還元率 0.5% 1.0%
スクロールできます

bitFlyerクレジットカードは、年会費無料で持てるスタンダードと、年会費16,500円(初年度無料)のプラチナの2種類あります。

還元率は、スタンダードが0.5%、プラチナが1.0%です。それぞれ一般的なクレカと同等程度の還元率と言えます。

月に12万円以上使うならプラチナカード

プラチナカードは、カードショッピング年間150万円以上(税込)利用で年会費無料。つまり、毎月のカード支払いが、約12万円以上ある方はプラチナカードを作って損はないと言えます。

⑤ナンバーレスでスタイリッシュなデザイン

bitFlyerクレジットカードは、カード情報が裏面に記載されたナンバーレスと呼ばれるデザイン。かっこよさと安心・安全を兼ね備えたカードです。

⑥コストコで使える

bitFlyerクレジットカードは、コストコでの支払いにも使えます。コストコで使える国際ブランドはMastercardのみなので、大量に買い物することが多いコストコでザクザクビットコインを貯めるチャンスですね。

bitFlyerクレジットカードの2つのデメリット

ここからはbitFlyerクレジットカードのデメリットを見ていきましょう。一般的なクレカと何が違うの?と気になる方に向けて、ポイントとビットコインの違いまで解説します。

  • 旅行傷害保険などの付帯サービスが乏しい
  • スタンダードカードの基本還元率は0.5%と平均程度

旅行傷害保険などの付帯サービスが乏しい

付帯サービス スタンダード プラチナ
カード盗難紛失補償
旅行傷害保険 ×
ショッピングガーディアン保険 ×
空港ラウンジ ×
Mastercard Taste of Premium ×

プラチナカードには、旅行傷害保険や空港ラウンジの特典利用などのサービスが付帯しますが、スタンダードカードの場合、旅行傷害保険などが付帯しないため特典が乏しいと言えます。

スタンダードカードの基本還元率は0.5%と平均程度

bitFlyerクレジットカードの基本還元率は0.5%です。還元率の面で見ると、一般的なクレカのポイント還元率と同等程度と言えます。

ポイントとビットコインの違い

ポイントとビットコインの異なる点は、ポイントは200円につき1ポイント貯まり1円として使えるのに対して、ビットコインでは、200円につき1円分のビットコインが貯まることです。

 

bitFlyerクレジットカード2種類で迷っている方へ

次は、2種類のどちらにするかまだ迷っている方へ、あなたに合ったbitFlyerクレジットカードをおすすめします。

スタンダードがおすすめなのは「ビットコイン初心者」

bitFlyerクレジットカードが最もおすすめな人は、これからビットコインを始めたい方です。自費で投資するのではなく、クレカの利用でビットコインを運用できるため、リスクなしでビットコインを始められます。

ヘビービットコイナーはプラチナカードの検討を!

すでにビットコインに投資をしている方であっても、「ポイントよりビットコインがほしい!」なら発行の価値あり。

還元率が2倍の1%になるので、玄人はプラチナカードのほうがおすすめです。

まとめ、bitFlyerクレジットカードでビットコインを貯めよう

ビットコインを貯められるクレジットカードです。貯まったポイントの使い道に困るくらいならビットコインを貯めたいという方、まずは小額からビットコインを運用してみたいという方におすすめですよ。

現在ビットコインの価値が高まりつつあり、今後市場価値がさらに拡大してくことが予想されます。

 

-仮想通貨の始め方
-,